「ブラック校則」と呼ばれる不合理な校則の見直しを促進させるべきだとの指摘や、LGBTなど性的少数者への配慮を盛り込むよう求める意見が出た。同会議は21年度内に改訂案をとりまとめる方針。 現在の手引書は、いじめや非行への指導方針や、発達障害などの課題を抱える児童生徒への接し方を提示。

引用:日本経済新聞電子版より