スポンサーリンク

海外の映画で飛び交う汚い言葉の意味や使い方【あなたの知らない卑語の歴史】

ドキュメンタリー
スポンサーリンク

あらすじ

ニコラス・ケイジが進行役を務め、英語の代表的卑語を紹介するシリーズ。興味深い史実やジョークを交え、ののしりことばの歴史や文化的影響を探っていく。

キャスト

ニコラス・ケイジ

見どころ

ニコラス・ケイジが「ファック」や「シット」などの下ネタ言語をおもしろおかしく、そして真面目に解説してくれるドキュメンタリー。 例えば「ファック」は日本的に言えば「セックス」だけど、英語圏では前後の文脈や感情でさまざまな意味に変換できます。 軽く言えば「何言ってんの、笑」にもなるし、強く言えばマジギレされたりもします。 「シット」も日本的に言えば「うんこ」ですが、時代とともに意味や使い方に変化が見られるようになります。 このように下ネタ言語は独自の進化を遂げさらに日々変化進化しています。 日本でも「ヤバい」と言う言葉がありますが、シュチュエーションによって褒め言葉になったりしますよね。 「ビッチ」についても解説してくれています。 ゲイの人も出演していて、「ビッチ」についてコメントしています。 英語圏のゲイコミュニティーでは「ビッチ」は、挨拶や褒め言葉のように使ったりするようです。 仲間内で「Hey、ビッチ」って挨拶するのはなんとなく想像できますよね。 しかし「ビッチ」もシュチュエーションや男女や世代によって全然捉え方が変わるようです。 女性に言うと失礼になるけど、ゲイの人から言われるのは構わない、むしろ嬉しいという女性もいます。 他にも「ディック」や「プッシー」についても解説しています。