スポンサーリンク

イケメンゲイの枕営業【殺人を無罪にする方法】

ドラマ
スポンサーリンク

あらすじ

やり手の刑事法教授が、法律を使って難事件で無罪を勝ち取る術を教える。生徒5人はその授業料の高さにまだ気付かない…。

キャスト

ヴィオラ・デイヴィス, ビリー・ブラウン, アルフレッド・イーノック

見どころ

主人公のアナリース・キーティングは、フィラデルフィアの名門ミドルトン大学法科大学院で刑事法の教授を務めながら、刑事裁判を専門とする現役の弁護士です。 アナリースはどんな手段を使ってもクライアントを無罪にする方法を教えるクラスを担当しています。 アナリースはクラスの中でも特に優秀な5人の学生ウェス、コナー、ミカエラ、アッシャー、ローレルを自分の法律事務所のインターンとして雇います。 彼女の事務所には何でも屋のフランクと、弁護士のボニーが所属しています。 アナリースには夫のサムがいますが刑事のネイトと不倫関係にあります。 大学教授の夫サムもまた、学生のライラと不倫関係にあります。 ウソと真実が交錯し、深まる謎。 やがてアナリーズや5人の学生たちも事件に巻き込まれ、予想もできない驚愕展開に、、、。 基本的には1話完結型の法廷ドラマですが、シーズンを通しても大きなストーリーがある二重構成になっています。 どんな不利な裁判でも最終的には逆転していく法廷ドラマの裏に、スリラーミステリーが徐々に展開していきます。 海外の法廷ドラマやミステリードラマが好きな人はたまらない作品だと思います。 ドラマは間違いなく面白いですが、ゲイ的にはさらに気になる展開があります。 アナリースの法律事務所インターンのコナー。 超イケメンでゲイです。 依頼人の弁護に役立つ情報を手に入れるためなら、自分のカラダだって使います。 実際コナーは情報を聞き出す為にバーで男を誘惑などしています。 さらにゲイアプリなども使って肉体関係を持ち、情報を集めたりしています。 もう1人のゲイのオリバーは広告代理店でIT部門に勤務しています。 コナーが情報を聞き出す為にバーで男を誘惑したといいましたが、その相手がオリバーでした。 「遊ばれてる」と分かっていてもコナーの魅力にハマってしまいました。 オリバーは最初はコナーにいいように利用されるチョイ役でした。 しかしIT関連に強くハッキングのスキルもあったため、コナーに呼び出されるようになり出演回数も徐々に増えていきます。 その都度コナーと関係を持つのですが、これが視聴者に受けたようでシーズン3からコナーはレギュラーに昇格しました。 コナーとオリバーの関係はファンの間ではコリバーと呼ばれるほど人気があります。 公式のテレビ放送局さえもコリバーを使って宣伝をするほどです。 殺人を無罪にする方法は、GLAAD(中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟)が主催するGLAADメディア賞で最優秀ドラマシリーズ賞も受賞しました。 コナー役のジャック・ファラヒーはゲイ役を体当たりで演じています。 コナーのラブシーンもよくあります。 そのためジャックに対して、以前からセクシャリティについての質問が絶えませんでした。 しかしこの質問には一切コメントしなかったため、さらに注目を集めることになります。 そんな中ついにジャックはSNSでカミングアウトします。 「自分はストレート」だと、、、、残念。 同性愛者か異性愛者かどうかという質問そのものがあがらないような社会になってほしいと願い、これまでは回答を避けてきたそうです。 オリバー役のコンラッド・リカモラはオープンリーゲイです。 ワクワクさんのようなルックスです。 ドラマの展開もコリバーの関係も気になる作品です。