スポンサーリンク

ゲイというありもしない噂を流される本当にあった話【リチャード・ジュエル】

映画
スポンサーリンク

あらすじ

1996年に、アトランタのセンテニアル公園で起こった爆破事件。事件の最初の容疑者は無実を主張し、FBIとメディアを相手に闘っていく。実話をもとにした物語。

キャスト

ポール・ウォルター・ハウザー, サム・ロックウェル, キャシー・ベイツ

見どころ

1996年オリンピックに沸くアトランタ。 オリンピック会場近くの公園のベンチの下に、リチャードはあやしいリュックを発見します。 警官たちはただの忘れ物だろと適切な対応を取りません。 しかしリチャードは規則通り不審物を処理するよう訴えます。 その頃警察には「公園に爆弾を置いた。」という電話がかかっていた。 公園に爆発物処理班が向かい、リュックを確認したところプラスチック爆弾が入っていました。 リチャードたちは直ちにコンサート会場の人々の避難誘導を開始します。 しかし避難誘導途中に爆発が起きてしまいます。 無数の釘が仕込まれた爆弾により100人以上の負傷者と、2名の尊い命が奪われてしまいました。 翌朝第一発見者のリチャードは、被害を最小限にとどめた英雄として報道されます。 そんな中過去にリチャードが警備員として勤めていた大学から「リチャードは問題のある男。英雄じゃない」と連絡があります。 大学の証言と、過去の爆破事件プロファイリングから「英雄=真犯人」の仮説を立てた捜査官はリチャードを容疑者とします。 その情報はマスコミに漏れ一気に拡散されました。 リチャードは英雄から、一夜にして犯罪者として世間から見られるようになります。 英雄から一転し爆弾犯とされたリチャードと、無実を晴らす弁護士ワトソンの闘いを描いた実話です。 リチャードの友人がFBIに呼ばれ同性愛の関係じゃないかと疑われます。 リチャードは「同性愛者じゃない事をきちんと証明したい」といいます。 そういったありもしないことやプライバシーもどんどん暴かれて、リチャードは世間の好奇の目に晒されていきます。 過熱するマスコミの報道にリチャードの運命はどうなっていくのでしょうか。

映画映画ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲイライフ