伝説のベストセラー小説の生みの親【アーミステッド・モーピン -小説家の知られざる物語-】

ドキュメンタリー

あらすじ

「バーバリー・レーン28番地」の著者、アーミステッド・モーピンのドキュメンタリー。保守的な出自から性的マイノリティのヒーローとなるまでの軌跡をたどる。

キャスト

アーミステッド・モーピン, ニール・ゲイマン, ローラ・リニー

見どころ

全米で静かに語り継がれるベストセラー小説『メリー・アン・シングルトンの物語』の著者、アーミステッド・モーピンのドキュメンタリー。 小説のメリー・アン・シングルトンは、家族のもとを離れサンフランシスコ、バーバリー・レーン28番地で独り暮らしを始めます。 コピーライターのモナ、ゲイで無職のマイケル、元弁護士のブライアン、 そして家主のマドリガル夫人。 「家族」のような彼らに支えられ、メリー・アンは自らの一歩を踏み出します。 この物語を描いたアーミステッド・モーピンとはどんな人物なのかを描くドキュメンタリー作品です。 冒頭には映画X-MENでマグニートーを演じたイアン・マッケランがインタビューに答えています。 イアン・マッケランは1988年にゲイであることを公表し、LGBTの権利擁護キャンペーンなどを精力的に行なっています。