あらすじ

オスカー候補にもなった有名俳優が、突然の歌手転向宣言。髭面にグラサンのラッパーという怪しい風貌は本気か、フェイクか?!

キャスト

ホアキン・フェニックス, ダニー・デヴィート, ビリー・クリスタル

見どころ

ジョーカーで第92回アカデミー主演男優賞を受賞したホアキン・フェニックス。 2008年に突然の俳優引退宣言。 そしてラッパーへ転身すると発表します。 この作品は引退宣言から、ラッパーとしての初ライブを開催するまでの2年間を追ったフェイクドキュメンタリーです。 しかし公開すると世間は「本当のこと」として信じてしまいます。 そのくらい作中のホアキンの行動や外見の変化などぶっ飛んでいます。 フェイクであると発表した時はアメリカ中が大激怒し、ホアキンはアメリカ中から反感を買います。 犯罪を犯したわけではないですが「犯罪級のフェイク映画」ということで、このようなタイトルになったようです。 内容は本当にリアルです。 突然俳優を辞めてラッパーになると言い出し、激太りして麻薬にも手を出し女を呼んで抱きまくります。 本当かどうかわ分からないギリギリの映像が映し出されています。 のちに全てフェイクと発表したホアキンは、マスコミや同業者から怒りを買い、業界からしばらく干されることになります。 しかしこの作品から2年後「ザ・マスター」という映画で復帰。 演技が高く評価されています。 この作品ではホアキンが友人と同居しています。 途中2人がふざけて全裸で遊び回るシーンがあります。 このとき完全に丸見えです。 お見逃しなく。