スポンサーリンク

ゲイの誕生会にノンケがひとり、さぁどうなる!?【ボーイズ・イン・ザ・バンド】

映画
スポンサーリンク

あらすじ

1968年のNY。誕生日パーティーの最中にやって来た意外な人物と、酔って始めたゲームのせいで、7人のゲイ仲間たちが、ずっと隠してきた秘密と感情をさらけ出す。

キャスト

ジム・パーソンズ, ザカリー・クイント, マット・ボマー

見どころ

舞台は1969年、同性愛差別が色濃く残る時代です。 しかしセクシュアリティや女性の権利など、様々な権利や文化がターニングポイントを迎えた時代でもあります。 この物語は1969年にニューヨークで発生したLGBTQによる抵抗運動「ストーンウォールの反乱」前夜の出来事です。 これからの新しい時代に、自分らしく生き延びようとするゲイたちが誕生日パーティに集まった時の話です。 誕生日パーティとして一室に集まった男たち。 全員がゲイで顔見知りのため、ここではいつものように周りを気にすることなく自由気ままに語り合うことができます。 しかしこのパーティに思わぬ来訪者が現れたことで、明るかった空気は変わり始めます。 誕生日パーティ参加者のマイケルに友人アランから「今すぐ会って話したいんだ」という電話。 とりあえずその場は電話を切りますがアランは突然やってきました。 アランはノンケ(ストレート)です。 全員がゲイの誕生日パーティにひとりのノンケがあらわれたことで、さっきまでの楽しい雰囲気が一転します。 これをきっかけに、各々ずっと隠してきた秘密と感情をさらけ出すことに、、、。 この作品は1968年にオフブロードウェイで初演、1970年には映画化。 2018年にブロードウェイでリメイクされ、2020年また映画化となった歴史的なLGBTQ作品です。 日本でも舞台がリメイクされ話題になりました。 今回のリメイクで一番の注目はやはり主演キャストが全員ゲイということ。 ジム・パーソンズ(マイケル役) ザカリー・クイント(ハロルド役) マット・ボマー(ドナルド役) アンドリュー・ラネルズ(ラリー役) タック・ワトキンス(ハンク役) ロビン・デ・ヘスス(エモリー役) マイケル・ベンジャミン・ワシントン(バーナード役) さらにアンドリュー・ラネルズとタック・ワトキンスは舞台版『ボーイズ・イン・ザ・バンド』での共演後、交際しています。 ゲイがゲイの役をしているだけあって、大袈裟ではなく芯を食った表現で当時のゲイの感情を表しています。 物語は終始真剣な面持ちで繰り広げられます。 けれどエモリーが呼んだゲイのコールボーイのカウボーイが若くて筋肉質でかわいいです。 この子がとてもピュアで天然のため、その場をしらけさせたりしますが、憎めないやつです。

映画映画ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲイライフ