スポンサーリンク

ドラァグ同士の本気の毒舌バトルは必見【ル・ポールのドラァグ・レース】

ドキュメンタリー
スポンサーリンク

あらすじ

野暮ったい古着と99セント・ショップのチープな商品から創作したグラマラスな衣装をまとい、9人のクイーンたちが競い合う。ゲストはボブ・マッキー。

キャスト

ル・ポール・チャールズ, ミシェル・ヴィサージュ, ロス・マシューズ

見どころ

アメリカの次なるドラァグスターを決めるために、オーディションで選んだクイーンを競わせるというリアリティーショーです。 ル・ポールのドラァグレースは2019年エミー賞で「リアリティ番組・コンペティション部門」で最優秀作品賞に輝いています。 ステージショーや豪華な審査員、そして命がけのリップシンク。 最初から最後までクライマックス。 でもゲイ的に見逃せないのが、舞台裏メイク中のバトル?です。 ステージでも熱いバトルをしますが、その舞台裏のやりとりがたまりません。 思わず出る本音や悲しい過去、そして恋愛事情。 自己主張の強い国民性×ドラァグクイーンの毒舌での本音と本音のぶつかり合いはハラハラドキドキです。 全てが見どころなのでとにかく見て!としか言いようがありません。 あまりに豪華すぎてどうやって撮影してるの?本当にドキュメンタリーなの?って思ってしまいます。 サクサクと進行していますが、実際は約1ヶ月間かけて撮影しているようです。 その間クイーンたちは撮影以外の時間は、ホテルの部屋に閉じ込められ外部との連絡も禁止されます。 外部との連絡を取ったために失格になったクイーンもいます。 豪華な衣装を毎回手作りしていますが、本当に即興でそんなことできるの?と思ってしまいます。 実は撮影前におおよそのテーマをいくつか事前に伝えているそうです。 ですが本番ではどのテーマが来るのかはまったく分からないみたいです。 ですのであらかじめ伝えられた情報をもとに、衣装の素材や道具などを用意しなければいけません。 しかし準備不足や予想が外れてしまい、思うように衣装を制作できないということがよく起こります。 これをどう切り抜けるかも見どころです。 リップシンクの曲も事前に渡されています。 しかしどの曲を本番で使用するかは前日にならないと分からないようです。 リップシンク対決は下位同士の人生をかけた対決です。 まさか自分が下位になるとは想像もしなかったクイーンが全然練習をしなかったため、リップシンク対決で負けたこともあります。 またリップシンク対決は基本的にはどちらか一方しか勝ち残れません。 しかし情熱的な圧倒的リップシンクで審査員全員を魅了することで、両方とも勝ち残るケースもあります。 その逆もあり、基準に達しないパフォーマンスをすると両方落とされることもあります。 このシビアな審査も見どころです。 また毎回審査員も豪華です。 レディー・ガガやアリアナ・グランデなども登場する回もあります。