あらすじ

初めて好きになった人との想い出に苦しみ、深い傷を負う男。過去をなぞるたび、あの頃と同じ後悔に包まれる。

キャスト

フェリックス・マリトー, ニコラ・ブヴェンス, トミー・リー・バイク,

見どころ

看護師として働くジョナスは、ゲイクラブでトラブルを起こしてしまいます。 そして警察に事情聴取され帰りが遅くなります。 同棲している恋人に帰りが遅いことを浮気と疑われます。 元々関係は冷え切っていたので、家を追い出されることに。 その後ジョナスは、マッチングアプリで相手を見つけ会いに行きます。 しかし出会った男は、アプリの写真とは全然違っていたため帰ります。 そしてジョナスは、ふと学生時代のことを思い出します。 それは新学期に転校生ナタンがやってきた時のことです。 ナタンはジョナスと仲良くなり、授業を抜け出したりします。 ナタンはジョナスがゲイであることに気づいていたため、キスをし親密になっていきます。 家を追い出された現在のジョナスは、ホテルに泊まります。 ホテルのボーイのレオナールに誘われ、彼の友達と飲みに出かけることに。 翌日、酔い潰れたジョナスはレオナールの部屋で目を覚まします。 どことなく見覚えのある部屋の景色。 そこにレオナールの母親が帰宅して、全てを思い出す。 彼女はナタンの母親であり、レオナールはナタンの弟だったのです。 ジョナス役のフェリックス・マリトーには独特の色気があります。 「ソヴァージュ」という映画にも男娼として出演しています。 「ソヴァージュ」はカンヌ国際映画祭でプレミア上映され、フェリックス・マリトーを称賛する声が多数上がったそうです。