デカマラのリッチー【マジック・マイク】

あらすじ

「G.I.ジョー」「親愛なるきみへ」などで人気スターとなったチャニング・テイタムが、10代の頃にストリッパーとして働いていたという体験談をもとに、スティーブン・ソダーバーグ監督が男性ストリッパーの世界とその裏側を描いた作品。

青年実業家のマイクは、男たちが華やかなショーを繰り広げるクラブで女性客を熱狂させる人気ナンバーワンのストリッパーという顔も持っていた。

ふとしたことで知り合った青年アダムに才能を見出し、人気ダンサーへと育てあげたマイクは、対照的に堅実なアダムの姉と知り合い、自分が本当に求める人生に気づき始めるが。

主人公マイクをモデルとなったテイタム自身が演じるほか、「アイ・アム・ナンバー4」のアレックス・ペティファー、TVシリーズ「ホワイトカラー」のマット・ボーマーらが人気ダンサーを演じる。

おすすめシーン

デカマラのリッチー、ペニス増大ポンプでチンコをデカくする。

ゲイポータル

巨根を諦めていませんか? チンポが小さくて相手を満足させられない、そもそもチンポが小さくて相手にされない。「もっとチンポ…

最新情報をチェックしよう!