既婚パパシャワーを覗かれる【ポルノグラファー】

あらすじ

大学生の久住春彦は、官能小説家・木島理生の腕を自転車事故で骨折させた代償に口述筆記を引き受ける。

淫らな物語を代筆するうち、どこか艶めかしい木島にエロい妄想を重ねてしまう。
そこに木島との過去を匂わせる担当編集者・城戸士郎が現れ、久住の木島に対する焦燥と妄想は明確なものになっていく。

やがて久住は木島の嘘に気づき激昂するが、悲憤のなかに木島への思慕を認め告白する。
しかし実は木島は小説が書けないスランプにあり、将来ある久住の好意を受け入れることができない。

木島は作家を辞め帰郷する決意をするが、久住から俺のために小説を書いて欲しいと求められ、ようやく本心をさらけ出す。

最新情報をチェックしよう!