ことばの向こうに旅をして (わたしの旅ブックス 37)

ことばの向こうに旅をして (わたしの旅ブックス 37)

著者

内容

言葉のその先にいる「人」がわかりたくて、カタコトの旅に出た。 , 台湾で筆談した屋台のおかみさん、国を追われカリフォルニアで違法民泊するガール、バンコクで出会ったブチ上げガン盛りマッサージ師、治安の悪い歓楽街に降臨した、スキンヘッドにスリップドレスのバブリーなジャーナリスト―― ,わかりあえるはずなんかない、でもやっぱり「わかりあいたい」。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTs取材などを経て、愛と性、言語や異文化交流のことについて書き続けてきた文筆家の牧村朝子がおくる、言葉、国境、文化、ジェンダー、イデオロギー、あらゆるものを飛び越えていく言語系旅エッセイ。 , 【目次】 , 第1章 ありがとう 第2章 あいしてる 第3章 つながりたい

ことばの向こうに旅をして (わたしの旅ブックス 37)

最新情報をチェックしよう!