イン・ザ・ドリームハウス

イン・ザ・ドリームハウス

著者

カルメン・マリア・マチャド,小澤身和子

内容

女と女の〈夢の家〉で起きた、暴力と私の痛みの記録,デビュー短編集『彼女の体とその他の断片』が世界中で絶賛を浴び、「21世紀の小説と読み方を変える、女性作家の15作」に選出されたカルメン・マリア・マチャド待望の第2作は、レズビアン間のドメスティック・アビューズ(虐待)を語る〈メモワール〉。,スリラー、おとぎ話、SF、クィア批評、裁判記録…etc. あらゆる形式で〈あの記憶〉を再構築し、あなたを揺さぶる146の断片,これまでも女性は女性を虐待してきた。,クィアがこの問題を真剣に取り上げる必要があったのは、誰もそうしようとしなかったからだ。(本文より),この本は、証明したり名づけたりするのが難しい暴力に苦しみ、自分の物語を語る方法を探している読者への贈りものだ。,――サンフランシスコ・クロニクル,アビューズの回顧録について私たちが知っていると思っていたことは、この本ですべて打ち砕かれる。,――エンタテインメント・ウィークリー,マチャドのへようこそ。禁断の部屋へ進み、床が抜けた世界を見よ。,――ニューヨーク・タイムズ,トラウマ、サバイバル、そのすべてを語るための〈ことば〉を思索した傑作。,――タイム「ベストブック2019」

イン・ザ・ドリームハウス

最新情報をチェックしよう!