普賢地区の生贄

普賢地区の生贄

著者

内容

高校生の長門大介1人を残し同居家族が死に絶えてから数年。コンビニで働きながら細々と生活を送っていた大介に向って、唯一の血縁者である叔父の口から出たのは「生贄になってくれ」という死の宣告だった。,ようやく死んだ家族に会えると思い、覚悟の上、死装束になるでだろう白無垢に袖を通したのだが・・・。,禁足地の奥宮で出会った人物達からは・・・どういうワケか「・・・歓迎されている・・・?」,山深い集落の禁足地を舞台にした、神と人とモノの奇妙な箱庭生活の物語です。,読み口も絡みも軽めのBLラノベです。

普賢地区の生贄

最新情報をチェックしよう!