他者の靴を履く アナーキック・エンパシーのすすめ

他者の靴を履く アナーキック・エンパシーのすすめ

著者

内容

他者を学ぶこと、考えること、想うこと。,すべてはきみの自由のため。,ブレイディさんの熱い直球を受けとめろ! ,――福岡伸一,差異を超克するすべを人類は持ち得たのか、,読み手の知性が試される一冊。,――中野信子,他者はあまりに遠い。“共感”だけではたどり着けない。,ジャンプするために、全力で「考える」知的興奮の書! ,――東畑開人,「文學界」連載時から反響続々!,『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』に次ぐ「大人の続編」本。,「わたしがわたし自身を生きる」ために――,エンパシー(=意見の異なる相手を理解する知的能力),×アナキズムが融合した新しい思想的地平がここに。,・「敵vs友」の構図から自由に外れた“エンパシーの達人”金子文子,・「エンパシー・エコノミー」とコロナ禍が炙り出した「ケア階級」,・「鉄の女」サッチャーの“しばきボリティクス”を支えたものとは?,・「わたし」の帰属性を解放するアナーキーな「言葉の力」,・「赤ん坊からエンパシーを教わる」ユニークな教育プログラム…etc.,“負債道徳”、ジェンダーロール、自助の精神……現代社会の様々な思い込みを解き放つ!,〈多様性の時代〉のカオスを生き抜くための本。

他者の靴を履く アナーキック・エンパシーのすすめ

最新情報をチェックしよう!