行政書士試験 独学合格体験記: プア・アラフォーの執念

行政書士試験 独学合格体験記: プア・アラフォーの執念

著者

内容

■全くの独学。,そもそも模試すら受けられないド貧乏。,職場ではいじられキャラの烙印を押されている。,都内一人暮らしのアラフォー。,5年のブランクを経て、3回目の受験。,そんなプラ・アラフォーが,ど~やって行政書士試験に合格ができたのか?,■内容,はじめに,1.行政書士試験合格体験記,1.1 合格の証明,1.2 一つの終わり,1.3 過去2回受験の不合格の原因を考察,1.4 2012年 合格の理由の考察,1.4.1 教養の高さ,1.4.1.1 woke(ウォーク)-社会への高い意識,1.4.2 神の恵み,1.4.3  追記:法令等の得点の低さ,1.5 敵を知り己を知ること,1.6  独自の困難,1.7  私が行政書士試験、合格にこだわった理由,1.8 行政書士の現実を知ってから、受験勉強をする,1.9  行政書士の「負の再生産」問題,1.10 受験の失敗の予兆は三角形の結晶として顕われる,1.11 何のために法律を勉強するのか、あるいは勉強をし続けるのか?,1.11.1 合格後の勉強の醍醐味,1.11.2 今再び、勉強する決意,1.12 終わりに,著者情報

行政書士試験 独学合格体験記: プア・アラフォーの執念

最新情報をチェックしよう!