鈍色の瞳で申し述べる土留色の提言 ~しんどいオカマのお悩み相談【第5話】 【単話】鈍色の瞳で申し述べる土留色の提言 ~しんどいオカマのお悩み相談 (eロマンス新書)

鈍色の瞳で申し述べる土留色の提言 ~しんどいオカマのお悩み相談【第5話】 【単話】鈍色の瞳で申し述べる土留色の提言 ~しんどいオカマのお悩み相談 (eロマンス新書)

著者

BSディム

内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。,「たいていのオカマは明るくも強くもない」,「多くの人が凡人であるように、オカマもまた凡人なのよ」,自分もそんな凡庸な「しんどい」オカマのひとりと語り、,昼はふつうの会社に勤める主人公は、,夜はゲイバーで働きながら、お客さんのお悩みに答えている。,今回のお悩みは、痩せたい、ダメな自分を変えたい、就活する気が起きない。,誰もが抱える悩みをしっとり前向きに解きほぐす。,オトナのためのコミックエッセイ、第5話。

鈍色の瞳で申し述べる土留色の提言 ~しんどいオカマのお悩み相談【第5話】 【単話】鈍色の瞳で申し述べる土留色の提言 ~しんどいオカマのお悩み相談 (eロマンス新書)

最新情報をチェックしよう!