アル中ヤク中の天才ゲイ【トルーマン・カポーティ 真実のテープ】

あらすじ

『ティファニーで朝食を』『冷血』など多くの名作を残した20世紀を代表する文豪トルーマン・カポーティ。
なぜ彼はこんなにも多くの人を傷つけるような本を執筆したのだろうか?

死後36年を経て、彼の波乱に満ちた人生を濃密に網羅し、「未完の絶筆」とされている問題作『叶えられた祈り』をめぐるミステリーに迫る珠玉の文芸ドキュメンタリーがここに完成した。

最新情報をチェックしよう!