ゲイ限定出会い探しアプリ
ゲイ友や相方など、沢山の仲間がカンタン即座に作れます。出会いがなくてお困りの方は是非レインボートークをご利用ください。


性欲処理同好会

アダルト本

性欲処理同好会

著者

内容

★★★★★ 「どうも、元は無理矢理だったらしいんだ、最初はな。部活の先輩連中に遊ばれたっていうか、処理係っていうの?」 「はあ」 「それが大学終わってリーマンになってからもまだ続いてるってことさ」 「嘘だろ、そんなの」 「ま、見りゃわかるから」 谷が一番奥の戸をたたいた。中から返事はないが、谷はさっさと戸を開けた。狭い玄関には革靴やスニーカーが何足も脱ぎ散らかされていた。仕方なく、おれと谷は外で脱いで、靴を持って中に入った。 入ったとたん、息を飲んだ。玄関がそのまま四畳半の台所になっていて、となりの六畳とつながっているのだが、豆電球しかついていない暗い部屋の中に、男たちがひしめいているのだ。全部で六人、おれたちを入れて八人の男がいた。みなまちまちの格好をしているが、一人をのぞき、服は着ていた。なのに部屋の中には男の臭いが充満しているのだ。汗とか、体臭とか、酒臭い息の匂いだとかでムッとしている。 「あいつか……」 おれは思わず小声でつぶやいた。一人だけ、裸で畳に膝をついている男がいた。そいつのまわりに三人の男が立ち、ズボンからちんぽを突き出させ、かわるがわる男にしゃぶらせていた。そんな光景、生まれて初めて見るものだった。そりゃ、エロビデオの中でなら見たことあるけど、あれはもっと明るい場所だし、カメラマンとかスタッフとかいろいろ外野がいるのが雰囲気でわかる。そういうのとはぜんぜん違っているのだった。なんだか殺気立っていた。みんな、自分の順番はまだかと焦っているのが伝わってきた。 ★★★★★ 一人の男をみなで輪姦す。 友人に誘われて秘密の同好会に参加した主人公。 一人の奉仕役にみなでしゃぶらせたり、輪姦するその様子にひどく興奮するが……。 ゲイ官能小説。 初出『バディ』。 掲載時は武古田征男名義で発表。 複数プレイのシンプルポルノ。

性欲処理同好会

あの人も読んでいるゲイの本
最近よく聞く「LGBTQ+」ってなに?カミングアウトされたら、どうすればいいの?カミングアウトするときに、気をつけなければならないのはどこ?「知らなかった」を言い訳にして、誰かを傷つける時代を終わらせよう。イマサラ聞けないLGBTQ+のギモンに答える本がたくさん。
アダルト本ブック
ゲイライフ