紅い足袋: ~夏祭の夜・男達の宴~

紅い足袋: ~夏祭の夜・男達の宴~

著者

内容

周囲から隔絶された小さな漁村。 密かに伝わる真夏の祭りが幕を開ける。 女や子供たちは見ることすら許されない。 海の男だけが六尺一丁の裸で集う。 神輿を担いで集落を練り歩き、夜の帷が降りると祭は佳境だ。 男たちは酒を酌み交わし、やがて本能を解き放つ。 欲望のまま淫獣と化し、無礼講の一夜が始まる。 年男たちは紅い足袋を履かされる。それも祭りの約束事。 その意味は、狂乱が最高潮に達した時に明らかになる。 初出:2007年 雑誌「ジーメン」

紅い足袋: ~夏祭の夜・男達の宴~

最新情報をチェックしよう!