某大学アメフト部体験記 肉奴隷主将5 前編: 〜屈辱の種壺指令 G-men&SUPER SM-Zゲイ小説文庫

某大学アメフト部体験記 肉奴隷主将5 前編: 〜屈辱の種壺指令 G-men&SUPER SM-Zゲイ小説文庫

著者

内容

ゲイ雑誌『G-men』の人気体育会小説シリーズ! 強豪アメフト部を率いる主将が、性欲旺盛なゴツい体育会野郎達に、次から次へと陵辱されまくる! 誌面ではシーズン2として掲載された新章が、いよいよ配信スタート! 大学アメフトのオープン戦で、格下のチームに惨敗した主将の郷里は、その責任を負わされる。 それはアメフト部OBのボス的存在である、本間先輩の命令で逆らう事は許されない。 郷里に課された罰とは、親友の山村が所属するラグビー部に、1週間限定の肉便器として貸し出される事だった。 ラグビー部の部室で輪姦され、性処理ザーメン奴隷として上下の穴を酷使される『肉奴隷主将』。 山村の配慮で身バレしないようにと、プロレス用のマスクを被らされ、ラグビー部のユニフォームまで着させられた上で…。 連日ラグビー部の猛者たちに凌辱され、精液種壷と化していく日々の中、 どこまで郷里は耐えられるのだろうか…。 「『その痛みに耐えてる顔がたまんねぇな。 でも今から気持ち良くしてやるから期待して待ってろよ』山村はそう言うと、 グイっと体重をかけてデカマラを俺のケツに完全挿入した。 俺は何か、風呂桶の床でも抜けたかの様な強烈な衝撃で思わず、『ぐあぁ!』と声を出してしまった。 しかし山村にはその声が、痛みの声ではなく、感じた声だと伝わったらしく、 『完全挿入で感じたか? じゃあ、遠慮なくガン堀りだ!』と言うと、 まだしっかり馴染んでねぇのに、巨根を活かした長いストロークで俺のケツをガン堀りし始めた。 『ああっ! ま、待て! いきなりそんなに激しくするな! ぐあっ!』(本文より)」

某大学アメフト部体験記 肉奴隷主将5 前編: 〜屈辱の種壺指令 G-men&SUPER SM-Zゲイ小説文庫

最新情報をチェックしよう!