満たされる刻(とき) その弐: 露わす

満たされる刻(とき) その弐: 露わす

著者

内容

「どこまで、行くんスか」「終点までだ」 若い頃から封印してきた男への欲望。 それが一人の若者によって解き放たれ、男はさらなる淫欲を抱く。 見られたい。犯される己の姿を他人に見られたい。 その欲望を叶えるべく、若者は男を呼び出す。 空いた電車の中で、善良な市民が集う公園で、 若者は露出を命じ、男は嬉々として浅ましい姿を晒す。 だが小さな計算違いによって二人の淫戯は形を変え始める…。 ひとつ満たされれば次の欲望の扉が待っている。 満たされるその刻(とき)を追い求め、男は堕ちていく。 濃厚男色小説、全3話の第2話。 場面を変えて続く露出プレイを描きます。 初出:雑誌「ジーメン」 表紙イラスト:木村べん

満たされる刻(とき) その弐: 露わす

最新情報をチェックしよう!