体育教師の同級生

体育教師の同級生

著者

内容

1996年、小田切雄介は千葉県柏市で暮らす高校三年生だった。自分に自信が持てない孤独な雄介は高校の図書室で一人の同級生と出会う。家族、進路、そしてセックスに悩む雄介を、強い精力を滾らせる屈強な大人の雄たちが淫蕩な男同士の世界へと導いてゆく。独身寮、野球部の部室、性欲旺盛な雄介は己の欲望を目覚めさせる。そして秘密を共有する同級生と過ごしていた夏の終わり、唐突な破滅へと一人の少年が突き落とされる。友情、背信、明日への希望。雄介の高校生活最後の一年を描いた男色青春エロ小説。

体育教師の同級生

最新情報をチェックしよう!