某大学アメフト部体験記 肉奴隷主将10 前編: 〜必勝祈願・重量級大乱行 G-men&SUPER SM-Zゲイ小説文庫

某大学アメフト部体験記 肉奴隷主将10 前編: 〜必勝祈願・重量級大乱行 G-men&SUPER SM-Zゲイ小説文庫

著者

内容

強豪アメフト部を率いる主将が、性欲旺盛なゴツい体育会野郎達に次から次へと陵辱されまくる、好評体育会シリーズ! 主将・郷里が、ライバルチームの鉄兵から、主将会議の最中と終了後の公衆トイレで、様々な性行為を強いられたその翌日…。 郷里は行きつけの接骨院の晴久先生から、クラブハウスのマッサージルームで脚の怪我の施術を受ける。怪我の回復は良好で、郷里は今後の試合の不安や、鬼OBの本間との関係についての悩みを相談すると、晴久先生は「試合で必ず勝てる、おまじないをしてやろうか?」と、気になる話を持ちかけてきた。 それは、素試合の前に、晴久先生に掘られることだと言う。さすがの郷里も呆れて信じなかったが、かつてOBの本間もそのおまじないによって、日本一になったという話を聞かされ、次第にその気になっていくのだった。 晴久先生の規格外の巨根に犯され、郷里は恥ずかしがりながらも激しく悶え鳴く。そして、晴久先生は自分の物になればもっと可愛がってやると、郷里を誘惑してくる。郷里は拒絶したくても体を貫く快感に抗えず、ただ喘ぐばかりであった。そして、絶頂に達しそうなところで寸止めされ、意識が朦朧としてしまう。そして突然、部屋に二人の男が入ってきて…。 月刊ゲイ雑誌・G-menに長期連載された人気作! 誌面ではシーズン4として掲載された新章が配信! 『晴久先生の極太デカマラを、全て呑み込んだケツは、まるで木の杭で串刺しにされたかのような圧迫感で、普通に呼吸するのでさえ厳しい。(入った! 入ったけど…ケツの中がキツキツで、馴染むまでとてもじゃねぇけど動けねぇって!)ケツへの刺激が強くて、完全挿入してからは、俺は完全にフリーズしてしまった。だけど、晴久先生は、「おっ、完全挿入したな。そう言えば日曜日、巨根なハワイアン選手にガン堀りされたらしいじゃねぇか。相当なデカマラだったんだろ? もしかして、ガバマンになっちまったんじゃないか?」と言って、俺のケツを野次った。「お、俺…ガバマンじゃないっす!」これだけ苦労して、完全挿入したんだ。俺は自分のケツが、ガバマンでない事を全力で否定したかった。でも、喋るだけでも腹筋に力が入ってしまい、まだ完全に馴染んでいないケツに響くので、最低限の反論しかできない。』(本文より)

某大学アメフト部体験記 肉奴隷主将10 前編: 〜必勝祈願・重量級大乱行 G-men&SUPER SM-Zゲイ小説文庫

最新情報をチェックしよう!