千葉太一の性徴期

千葉太一の性徴期

著者

内容

千葉太一の性徴期 「囚獣」  警備会社の営業部で働く雄リーマン紀伊燎平は、精力的に仕事をこなし、同棲する彼氏との交際も順調で東京での生活を謳歌していた。しかし、彼の中にはある強い欲望があった。それは囚われた獣であった。「教育的指導(スパンキング)」、その言葉を聞くと燎平の中の獣がむくりと首をもたげるのだ。男は誰もがその獣を自分の身の内に潜ませている。体育会レスリング部上がりの男たちの激しい淫欲を描く「囚獣」。 「千葉太一の性徴期」 睾丸発達、陰茎増大、陰毛発毛、精通、性の興奮と快楽への目覚め、射精回数激増、ザーメン量増大。男であれば誰しもが経験していく第二次性徴期。しかし、男としてより成長し、逞しく育っていくには、指導してくれる兄貴分の存在が必要不可欠だ。そして成長を共にする男がいることで、男は本物の男になっていく。どこにでもいる一人の少年千葉太一が、男同士だからこその喜びを熟知する男たちに導かれ、成長していく姿を、太一の性の目覚めと発達と共に描く「千葉太一の性徴期」。

千葉太一の性徴期

最新情報をチェックしよう!