セクマイひきこもり当事者が生きやすくなった6つのポイント

セクマイひきこもり当事者が生きやすくなった6つのポイント

著者

内容

セクシャルマイノリティで、引きこもり経験者。そんな生きづらさのカタマリみたいな人生の視点から、ようやくうっすら見えてきた、ちょっと足取り軽く生きていけるかもしれない、6つのヒント。目次 はじめに 山の呪いの死体 ウツウツ・ビッグバン セクマイひきこもり当事者が生きやすくなった6つのポイント ①条件反射で猫を思い出す ②母が死んでくれた ③苦しさの追求、言語化をやめる ④ヒトには忘れる才能がある ⑤不安や悲しみはオバケのようなもの ⑥障害年金 1650円もしたのに! 恋なんてしない

セクマイひきこもり当事者が生きやすくなった6つのポイント

最新情報をチェックしよう!