インドシナ半島・チン遊記(4)カントー編

インドシナ半島・チン遊記(4)カントー編

著者

内容

■はじめに,☆筆者プロフィール,180m x 95kg(ガチ無知なるガチムチ)の四十代短髪髭ゲイ.,若いころは,ガタイのいい年上オジサンにあこがれるウケでしたが,,次第に,小柄(自分の体重の半分くらいが理想www)の年下青年に魅力を感じるタチという,,対極的ともいえる内面変化が起きています.,これから先は,どういう内面変化が起きるのでしょう……,☆本書について,こんにちは,ムチ男です.,はじめましての方も,おなじみの方も,本書を手に取ってくださり,ありがとうございます.,ベトナム南部の地方都市・カントー.,日本人なら「関東」という漢字を当てたくなる,,どこか親しみを感じる地名ですね.,観光地としての知名度は,いまひとつなカントーですが,,ハノイ(首都ですね),ホーチミン,ダナン,ハイフォンと並んで,,省に属さない「中央直轄市」として,ベトナムを代表する5大都市のひとつだったりします.,『地球の歩き方』では,片手の指でカウントできてしまうほどのページ数で完結する街ですが,,「ゲイサウナが営業している」という情報を嗅ぎつけます.,インターネット上で旅行記や体験談がほとんど見つからない以上,,「自分で行って,体験するしかない!」と,訪問を決意!,イカニモB級グルメ,イカニモB級観光スポットを巡りつつ,,ご当地ゲイサウナでのディープ体験を獲得するという,本シリーズの楽しさはそのままです◎,■収録内容(一例),・わらしべ長者的に,地元っ子から情報を得ながら,ディープグルメをハシゴ体験,・ゲイサウナを目指したバイクタクシーで,まさかの遭難事件に遭遇,・既婚カントー青年と,「言えない関係」を構築,・パリピ欧米観光客と相乗りして,午前四時発の水上市場ツアー体験,・(帰路)ホーチミンのチャイナタウンで,台湾ロスを叫ぶ,・(帰路)バンコクのイカニモB級観光スポットで,ビックリ仰天体験,およそ五百枚のフルカラー写真,十万字の体験レポートで,,ディープ体験を一挙にご披露するノンフィクション作品です.,*ノンフィクション作品ですが,個人が特定される情報は仮名を使うなど,, 一部情報をマスキングしています

インドシナ半島・チン遊記(4)カントー編

最新情報をチェックしよう!