夫夫円満

夫夫円満

著者

パトリック・ジョセフ・リネハン,エマーソン・カネグスケ

内容

2011年8月、在大阪・神戸アメリカ総領事館に着任したパトリック・リネハン総領事は,日本語、韓国語、フィンランド語などを自在に操る、とても知的な男性。,ただ、ほかの外交官たちとちょっと違っていたのは、彼には「夫」がいたことでした。,日本は同性婚を認めていないLGBT後進国。でもリネハン総領事の夫、エマーソン・カネグスケ氏は、,日本政府が外交官の同性婚のパートナーに対して、外交ビザを発給した初めてのケースとなりました。,2人は幼いころから周囲との「違い」を受け入れてもらうことが難しく、,もがき苦しみながらも、しかし勇気をもって自分らしい生活をつかみとってきました。,その2人が、これまでの人生と日本での体験について感動的な文章でつづります。,彼らの生き方は、彼らに接した人たちに勇気を与えます。,この本を読んだ人たちにも、その勇気はきっと届くに違いありません。,本書は、著者2人が英語とポルトガル語で書き下ろした原稿を、,LGBTの社会認知を応援する人々が参加して、日本語の読み物にまとめた完全なる日本オリジナルの書籍です。,LGBT問題に直面している方々はもちろん、LGBTに関心のない方、心理的な距離のある方にもぜひ読んで欲しいと思います。,誰もが持っている「違い」をみんなが素直に受け入れることができるようになれば、社会はもっと輝きに満ちたものになるでしょうから。,それが著者たちの心からの願いです。,【主な内容】,はじめに,第1部 パトリック・リネハン,序章 「私たち」,第1章 「私の歩んできた道」,第2章 「見える存在に」,第3章 「ゲイ・フレンドリーな日本へ」,第4章 「あなたにできること」,第5章 「どちらも夫」,第2部 エマーソン・カネグスケ,第1章 「2人の夫」,第2章 「パトリックとの出会い」,第3章 「カミングアウト」,第4章 「広い世界に」,第5章 「パトリックとの暮らし」,第3部 LGBTを理解するために,おわりに,巻末資料

夫夫円満

最新情報をチェックしよう!