いっぽ!にほ!さんぽ!: 性同一性障害と生きる

いっぽ!にほ!さんぽ!: 性同一性障害と生きる

著者

小松 礼央

内容

「性同一性障害」の人が4万人以上いるといわれている時代。しかし、GID当事者が深く理解されているとはいえない現状がある。少しでも知ってほしい、知識を増やしてほしいと願い、女性として生まれ、今は男性として生きる、GID当事者である著者が自身の経験を綴る。行動することの大切さを感じるエッセイ。「想像を豊かにし、見えないものを見る力を養ってください」

いっぽ!にほ!さんぽ!: 性同一性障害と生きる

最新情報をチェックしよう!