セクシャルマイノリティ アセクシャル編

セクシャルマイノリティ アセクシャル編

著者

中野 ゆの

内容

ようやく、性に対する少数派の人々が、堂々と意見をいえる時代がやってきました。,メディアでは、有名人が自分の性をカミングアウトしたり、女装したタレントが毎日のように,活躍しています。,また、ドラマでもボーイーズラブのストーリーなどが人気になっています。,なぜ、今、こんなにも少数派の性に対して、みんなの関心が高まっているのでしょうか?,そして、自分はそうでなくても、その人たちのことをどれだけ知っているでのでしょうか?,「知る」ということは、大切なことです。,東京都の◯◯区の議員が「LGBTが広まってしまったら少子化が進み、〇〇区は滅んでしまう」という,陳腐で無教養な発言で、世間から吊し上げられ。その後、謝罪にいたるという事件がありましたね。,あなたは、これと同じような考えや発言をしていませんか?,もちろん、考えることは自由です。,が、発言する時は気をつけなくてはいけませんね。,この議員のように、笑われないようにするためには「知る」ことがとても大切です。,この著者は、戸籍上は「男」として生まれましたが、幼少期からどこにも居場所がなく、苦しい環境で育ちました。,自分の性が受け入れられなかったのです。,でも、同性愛者でもありません。,「アセクシャル」というカテゴリーになるとは思いますが、,「恋愛に興味を持たない、性的な欲求がない」人のことを指します。,様々は精神科を受診しようとするも、断られ、心療内科で診断を受けてもなんの意味もなかった。,裁判所で改名をしようとしても、結局、上手くいかない。,そんな著者も、現在は自分の価値を音楽に見出し、音楽大学に進学し、独自の世界観で音楽活動を続けています。,ようやく、落ち着く場所を自分で見つけていくすべを身につけました。,まだまだ問題は山積みなのかもしれませんが、そんな迷子になりながらも、自分の道を切り開いた実話です。,2018年に電通が行った調査では、日本における「LGBTQ+」の割合は8.6%。,じつに、「左利きの人の割合と同じ数」という結果が明らかになりました。,あなたはこのデータをどのように受け止めますか。,知らないでは済まされない「性」に対する理解が、今こそ必要です。,全ての人が自分らしくいるには、まず一人ひとりが「そんな人はいるはずがない」,という決めつけによって、少数派の人たちを排除をしないようにしなければなりません。,「知らない」ということが、無意識のうちに、何かを隠してしまったり、排除してしまったりすることになるからです。,しかし、知ることで、見えてくるものがあり、見えてくる世界があります。,あなたは、この書籍で、「様々なセクシュアルマイノリティがいるんだ」と知ることができるでしょう。

セクシャルマイノリティ アセクシャル編

最新情報をチェックしよう!