リオとタケル

リオとタケル

著者

内容

●内容紹介,70年代から90年代にかけてのアメリカ演劇界で、デザイナーとして活躍したリオとタケル。,著者は大学の恩師である彼らに魅了される。二人の関係は、まるで優美で絶妙なダンスのごとく,周囲の人々を惹き付けた。人生で最もかけがえのないものとは何か? 彼らはどのようにして,それを獲得し、また何を削ぎ落としてきたのか――。,旅を通して少数派の人々のささやきに耳を傾け、現代社会を生きる困難さと幸福を描いてきた,ノンフィクション作家・中村安希が、アメリカと日本を往復するなかで、自分の欲求に正直に,生きることの本質を見つめる。,●著者について,ノンフィクション作家。一九七九年京都府生まれ、三重県育ち。カリフォルニア大学アーバイン校,演劇学部卒。○九年、47カ国をめぐる旅をもとに書いた『インパラの朝』(集英社)で,開高健ノンフィクション賞を受賞。,著書に、『Beフラット』(亜紀書房)、『食べる。』『愛と憎しみの豚』(共に集英社)がある。,(公式ブログ: akinakamura.net)

リオとタケル

最新情報をチェックしよう!