キッド――僕と彼氏はいかにして赤ちゃんを授かったか

キッド――僕と彼氏はいかにして赤ちゃんを授かったか

著者

ダン・サヴェージ,大沢 章子

内容

同性カップルが養子縁組によって子どもを迎えるまでの事の次第を等身大で綴った, 痛快ノンフィクション。, ダンとテリーはゲイのカップル。オープン・アダプション(開かれた養子縁組)で子どもを, 迎えようと決めた二人だが、男二人で「育ての親」になるという挑戦に加え、「生みの母親」, であるホームレスのパンク少女メリッサの事情も絡んで、縁組成立まで一喜一憂の道のり, に……。前例のないさまざまなステップを踏破して、ついに愛する息子D・Jの親になるまでの, 自身の体験を、機知とユーモアたっぷりに語る。, 自虐&下ネタ満載で(その実、真摯に)経験を語り、同性愛への偏見に対しては, 辛辣な皮肉の乱れ撃ち! この愛すべき著者は、世界的なムーブメントとなった, It Gets Better Projectの発起人にして「アメリカで最も有名な同性愛者の権利, 擁護活動家の一人」(ハフィントンポスト)。, 何が人を親にするんだろう、家族って何だろう──読み進むほどにページを繰る手が, もどかしいほど加速する、新しいかたちの家族の誕生物語。

キッド――僕と彼氏はいかにして赤ちゃんを授かったか

最新情報をチェックしよう!