実録18歳ノンケ♂が清掃員としてゲイホテルに潜入してみた

実録18歳ノンケ♂が清掃員としてゲイホテルに潜入してみた

著者

マサル

内容

近年は性の多様化が進み、『LGBTQ+』と言った言葉なんかもだいぶ知れ渡ったのではないかと思います。中にはそれ以外のパンセクシャルやアブロセクシャル、ポリアモリーなど、あまり世間的に馴染みのない性的指向も存在しており、様々な性のカタチが存在しております。,個人的には「お互いが幸せであるなら、どんな性のカタチがあっても。どんな関係性があっても良いんじゃないかな」と思うわけですが、しかしながらそれを「否定する」。あるいは「理解できない」。そもそも「国が認めていない」。など、しばしば大なり小なり、社会問題となっております。,しかし、こういった性に関する問題は「無知であるから生じる」こともあるのではないかと思います。,「自分は本当はどんな性的指向なんだろう?」こういったこともそうですし、批判や評論する人もただ性の多様性に関する知識がないだけで、『こういう価値観もある』って知ったらもしかしたらすんなり認めてくれるかもしれません。,なので、当事者にせよ第三者にせよ、まずは『様々な性のカタチ』が存在することを知る努力をする必要があると考えます。,そこで今回は、おもしろ楽しく,「へぇ~、そんな世界もあるんだな」,とラフに『LGBT』について考える第一歩の手助けになればと思い、本著を書かせて頂きました。,本著は20年前、私がまだ高校生だった頃の清掃バイトで体験した実話です。それは東京都内にある某ホテル。『LGBT』の『G』にあたる、ゲイの方が利用する、いわゆる「ハッテンバホテル」での体験談です。,本著内でも述べてますが、私自身は一切、ゲイやレズなどの『LGBTQ+』の方たちに対して偏見は持っておりません。むしろ、自分らしい生き方をしててカッコいいなと、尊敬をしているほどです。,今回本著で伝えたいことは『こういう場所もあるんだよ』『こういう世界もあるんだよ』ってことです。,そしてこの本をきっかけにあなたが「え、こういう場所があるなら他にも色んな人向けの場所もあるんじゃね?」と想像を膨らませて興味を持っていただき、そこから徐々に性に関する関心を広げて、色んな「性的指向」への理解を深めていただけたら幸いです。,(巻末には理解を深めるオススメ動画のリンクも用意してあります),なのでぜひ、まずは本著を気軽に読んで、楽しんで頂けたらと思います!,ノンケの方はもちろん、レズの方、ゲイの方、バイの方、トランスジェンダーの方、様々な方に読んで頂き、楽しみながら性に関する興味関心を持っていただけたらと思っておりますので、,今回はあらゆる方が手にとりやすいように,『初出版記念キャンペーン』ということで250円で販売させていただきます!,さぁ、今すぐ読んで性の理解を深めましょう!

実録18歳ノンケ♂が清掃員としてゲイホテルに潜入してみた

最新情報をチェックしよう!