性とジェンダー (別冊日経サイエンス228)

性とジェンダー (別冊日経サイエンス228)

著者

内容

【内容】, , ジェンダー(社会的性別)と性をテーマに, LGBTQ,教育と格差<, br> 研究者の男女格差,科学的な性差,ジェンダーをめぐる歴史および社会問題など<, br> 身近な出来事から研究の最前線までを扱う。, , さらにジェンダー問題とかかわりの深い,人材育成,貧困,集団における, 固定観念なども取り上げる。, 近年注目されるジェンダー教育のテキストとして,高校や大学の授業にも役立つ内容。, , , 【目次】, , はじめに, 性とジェンダーの新科学がすべての人に重要な理由, 男女関係の神話, 男女の脳はどれほど違う トランスジェンダーの子どもたち, 変化するセクシャリティ, 性はXとYだけでは決まらない, 見過ごされてきた医学上の性差, 揺らぐロー対ウェイド事件判決 妊娠中絶と米国社会, 男女の死因, “才能”という罠, 包摂の方程式, 多様性の効用, ステレオタイプ脅威, ガールズ・フー・コードの挑戦, 19世紀のプログラマー バイロンの娘エイダ, 女性科学者の伝記をネットに残す, 女性たちの仕事, 60億人のアフリカ 人口問題の処方箋, トルコの遺跡に見る9000年前の男と女, データで見る男女格差, 略奪された女たちが変えた社会, 男児偏重は解消されたか, 地球環境を救った女性, ,

性とジェンダー (別冊日経サイエンス228)

最新情報をチェックしよう!