ダイバーシティとマーケティング -LGBTの事例から理解する新しい企業戦略- (宣伝会議 実践と応用シリーズ)

ダイバーシティとマーケティング -LGBTの事例から理解する新しい企業戦略- (宣伝会議 実践と応用シリーズ)

著者

四元正弘,千羽ひとみ

内容

ダイバーシティ経営の実践こそ企業価値を向上させる本当のマーケティングだ!, , , 企業の経営課題として必ず話題になる「ダイバーシティ」。, 多くの場合、対応しなければならない、考慮しなければならない、配慮しなければならない、, といった「負わなければならない責任」として語られています。, , また逆に、近年、社会的にもLGBTへ注目が集まり、, その消費行動の分析から、「いま企業が狙うべき消費者ターゲット」として、語られることも多い。, , 本書は、LGBTの当事者や企業戦略担当など、ダイバーシティの現場にいる人への取材を通して、, このどちらにもあてはまらない、「イノベーションにつながるダイバーシティ戦略」や, 「性的マイノリティの視点」を取り込むことで生まれる新しい企業戦略、マーケティングについてまとめた書籍です。, , , ,【目次】, , ,はじめに, ドラッカーで考えるマーケティングの基本と本質, ,第1章, ダイバーシティとはなにか, ,第2章, 性的マイノリティ差別の背景と転換点, ,第3章, 市民・政治の両面で進む性的マイノリティ支援の動き, ,第4章, LGBTマーケティング1 ~LGBT当人を顧客に想定するケース, ,第5章, LGBTマーケティング2 ~LGBTを社会運動のテーマとするケース, ,第6章, 性的マイノリティとイノベーション経営, ,第7章, 当事者から見たダイバーシティ・マーケティング参入の注意点, ,第8章, LGBT視点のマーケティング事例, ,第9章, 改めて考える「ダイバーシティに企業やビジネスはどう向き合うか?」,

ダイバーシティとマーケティング -LGBTの事例から理解する新しい企業戦略- (宣伝会議 実践と応用シリーズ)

最新情報をチェックしよう!