男子ロッカーを盗撮する学校【アメリカを荒らす者たち】

あらすじ

器物損壊容疑で退学処分を受けた高校4年生のディラン・マクスウェル。無実を訴える彼の主張を受け、2年生のピーター・マルドナードが調査に乗り出す。

キャスト

タイラー・アルヴァレス, グリフィン・グラック, ジミー・タトロ

見どころ

いたずら好きで問題児のディラン。 教員の車の落書き事件の犯人として学校中から疑われます。 27台の車には男性器の絵がスプレーで描かれていました。 ディランは普段からサインのように男性器の絵をそこら中に描いていました。 なので彼が真っ先に疑われるのも無理はありません。 教師やほかの生徒たちもディランが犯人であることを確信していました。 さらに現場を見たという生徒も出てきます。 果たしてディランは本当に犯人なのか。 それとも真犯人がほかにいるのか。 第一容疑者であるディランの無実の訴えに、1人の生徒が立ち上がります。 風刺溢れる犯罪モキュメンタリーです。 モキュメンタリーとは、ドキュメンタリー映像のように制作してまるで事実かのように見せる手法です。 ホラー映画とかでよく使われています。 有名なのは「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」ですね。 モキュメンタリーなのですが、なぜか本当のドキュメンタリーと勘違いしている人がいるみたいです。 「やらせじゃないか」と怒る人もいるそうです。 さらにシーズン2では学食のレモネードに下剤が混入される集団下痢事件。 その犯人を捜そうというストーリーですが、この中であちこちで生徒が漏らす姿がスマホの動画で撮られています。 もちろんモキュメンタリーなのでフィクションですが、このスマホの動画がリアル過ぎてネットで拡散され「やべー事件が起きてる」と本物と勘違いした人が続出し少し話題になりました。 シーズン2では様々な動画が掘り起こされますが、面白いのが生徒の赤ちゃんプレイ動画。 どんなものかは見てのお楽しみです。

最新情報をチェックしよう!