聖職者にはゲイが多い【良心の糾明: 聖職者の児童虐待を暴く】

あらすじ

宗教系の学校マリスト会3校で教師から性的虐待を受けたと訴える男性らが辛い体験を語る。告発を受けた学校が弁明し、教師の1人が重い口を開く。

キャスト

見どころ

スペインのカトリック系神学校で繰り返される児童性的虐待。 この施設における児童性的虐待事件が告発されます。 この事件について被害者や聖職者、ジャーナリストなど専門家へのインタビューを通してその疑惑を検証していくドキュメンタリーです。 近年カトリック司祭が犯した性的虐待事件が告発されるようになりました。 しかしそこには「時効」という大きな障害があります。 大人になった被害者が勇気を出して声を上げても、時効により多くの事件が立件されません。 時効がもたらす弊害について警鐘を鳴らしています。 また宗教団体の大きな圧力や隠蔽しようとする体質なども取り上げています。

最新情報をチェックしよう!