スポンサーリンク

実際にあったゲイの秘密の集会【ダンス・オブ・41】

映画
スポンサーリンク

あらすじ

メキシコ大統領の娘と結婚した議員は、実は同性愛者。秘密クラブで若い男と密会を重ねていたが、やがてスキャンダルが発覚する。実話に基づく作品。

キャスト

アルフォンソ・ヘレラ, エミリアーノ・スリータ, マベル・カデナ

見どころ

20世紀初頭、メキシコで実際に起きた「41人の舞踏会」と呼ばれる事件を元にした映画です。 政治家のイグナシオ。 大統領の娘アマダと結婚します。 しかしイグナシオはゲイです。 市長選に力添えが欲しいイグナシオは偽装結婚したのです。 イグナシオの帰りは遅く、妻アマダの関係は冷え切っていました。 イグナシオは夜な夜なゲイたちが集まる秘密の集会に参加していました。 その集会では女装したり、演劇やお酒を楽しんだりしています。 そしてもちろん性行為も行われています。 その秘密の集会でイグナシオはリヴァスと出会い愛し合っていきます。 アマダはリヴァスからの手紙を偶然見つけて真実を知ってしまいます。 アマダは父親の大統領にイグナシオを監視するように頼みます。 そしてある日突然、秘密の集会は警察に摘発され参加者は逮捕されます。 警察の発表では逮捕者が41人。 しかし秘密の集会参加者の大統領の義理の息子イグナシオはこの人数に含まれていません。 当時メキシコではかなりのスキャンダルだったようです。 時代的にも同性愛は認められておらず、逮捕者は公衆の面前にさらされるなどしたようです。 またメキシコでは41と42の数字は同性愛を象徴する数字にもなったそうです。 秘密の集会のパーティシーンはかなり生々しく無修正なので必見です。

映画映画ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲイライフ