差別との戦いはこれからも続く【自由の国アメリカ: 闘いと変革の150年】

あらすじ

アメリカの平等を求める闘いは、大きな犠牲を払いながら時代を変革してきた。ウィル・スミスをホストに、合衆国憲法修正第14条をめぐる自由と平等の歴史に迫る。

キャスト

ウィル・スミス, マハーシャラ・アリ, ラヴァーン・コックス

見どころ

人気黒人俳優のウィル・スミスをホストに「憲法修正第14条」に焦点を当てています。 憲法修正第14条とは

アメリカ合衆国で生まれ、あるいは帰化した者、およびその司法権に属することになった者全ては、アメリカ合衆国の市民であり、その住む州の市民である。如何なる州もアメリカ合衆国の市民の特権あるいは免除権を制限する法を作り、あるいは強制してはならない。また、如何なる州も法の適正手続き無しに個人の生命、自由あるいは財産を奪ってはならない。さらに、その司法権の範囲で個人に対する法の平等保護を否定してはならない。

解釈は色々ありますが簡単に言うと「アメリカ人であれば、不当な差別を受けることはない。」ということです。 この第14条の解釈を巡って多くの論戦が交わされました。 そして多くの差別的制度を撤廃していきました。 この14条を拠り所にして黒人、女性、そしてLGBTQが戦い勝利してきました。 しかし差別との戦いは今も続いています。 この作品では同性婚を禁止するのは人権侵害だとして、闘い続けている人々を取り上げています。

最新情報をチェックしよう!